FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違った側面での拘束

前回のブログで貞操帯を返送しましたが、その返送されてきた貞操帯を管理者様が見て「はっきり言って姿勢が悪いね」との指摘が。
自分が体形に合わせて調整した貞操帯を見てそこまで見れるとはすごいなと驚きました。
前かがみで猫背になっているねと。
確かにパソコンでの仕事が多いのでおのずとそのような姿勢になっていたのかもしれません。
それは見た目もよろしくないので変えようと思い、相談した結果、コルセットのような体を矯正するものを着ければいいと言われました。
コルセットや矯正ベルトは骨盤の位置を直してくれたり、姿勢を正しく保ってくれたりするのですごくいいということでした。

それで早速購入してみることにしましたが、コルセットについてはもちろん男性用なんて基本聞きません。
なので自然と女性用になってしまいます。
またより気楽に着けられる矯正ベルトはぎっくり腰用などで男性用はありますが、そこは敢えて女性用を購入することになりました。

それぞれで作りが違うので使うなら統一したほうがいいのと、体を綺麗に見せるには女性用のほうがより綺麗に見えるとのことです。
ただ骨盤を女性向けに矯正するのでその間は痛みが伴うとのことでしたが、綺麗になるのであればそれでもいいかなと思っています。

貞操帯や拘束具以外の新たなツールですが、身を引き締める意味でも楽しめる道具の一つとなりそうです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

傷だらけの日々、そして…

貞操帯の装着は着けては外しつけては外しを繰り返している状態が続いていました。
何とか慣れようとできるだけ長く着けようとするのですが、その限度が分からず苦悩しました。
個人的には痛みが出ても我慢の限界まで着けようとしていましたが、とある日に管理者様に報告したら、一度外しなさいとのことでした。
外してみたら確かに無意識の内に水脹れができていて、それが一部潰れてしまうなど、散々な状態でした。

その為、一旦外して傷の治癒を完全に行うことにしました。
またその直後からは諸事情があって怪我の有無に関わらず着けることができなくなりしばらくお休みとなりました。

また貞操帯の姿について話していたらひょんなことから「これだと・・・ねぇ。いっそのこと改造しようか?」という話になって、急遽返送することになりました。
その為、しばらく改造が終わるまでお預けとなりました。

ちょっと寂しい気もしますが、パワーアップして楽しめるならいいかなという思いと、今はちょっと制約があって常時着けれない環境なのでいいかなと思い、一旦手放すことになりました。
改造とメンテナンスをして戻ってくる日が楽しみです。

その分、他の部分でしばらくは貞操を続けていく予定です。

新たな拘束具②

手枷の装着からしばらくすると手枷に引き続き今度は新たな拘束具第2弾として足枷が追加されました。

その足枷はやはり手枷と同様、厚みがあるしっかりとしたもので重量感がずっしりとあるものです。
また手枷よりも大きく、その分重さもしっかりとあります。

装着してみると、上手く足にピタッとつかずにアキレス腱の辺りにずれ落ちてしまってスカスカの状態。
もちろん足から抜けることはありませんが、枷の角がアキレス腱に当たり痛くなります。
手枷同様に角は丸く処理されており切れる心配はありませんが、その枷の重さが全てそのアキレス腱に足る部分にかかる為に痛くなってしまいます。
そもそもアキレス腱にそのようなものが当たるってことは日常生活ではありませんからね。

その為しっかり足首(ふくらはぎ)付近に密着するようにきつめの位置で付け直すと今度はピタッと着けられました。
ただ足を動かす度に圧迫され、その圧迫部分から痛みが出てきました。
かといって緩めるとすぐにずれ落ちてしまうし、悩みどころです。

とりあえずはきつくてもみっちりと密着させることにしました。
ただそれがとんでもないことになるとは知らずに・・・。

足枷の本当の苦しさをこれから体験することになりました。
憧れだけではできない拘束系の恐ろしさと覚悟を知ることになります。
またそれについても追々書いていきたいと思います。

新たな拘束具①

しばらく途絶えていましたが、実はこの間にも全身貞操帯へ向けた準備が着々と続いておりました。
その一環として新たに「手枷」が追加されました。

最初は薄っぺらい1mmにも満たない手枷でしたが、肌を傷つけないようにするゴムの緩衝材が原因で肌が蒸れてしまい、痒くなってしまいました。
またそれ以上に南京錠で固定する為の留め具が予想以上に脆く、色々手を加えるもその留め具がいきなり外れてしまうことが多々あり、結局南京錠をつけても外れてしまう為、意味をなさなくなってしまいました。

その為しばらくは装着していなかったのですが、それ以上にしっかりした手枷を送り直していただき、装着することになりました。
今回は軽く数ミリの厚さもあり、重さもずっしりと感じるまでの本格的な枷となりました。
もちろん厚みがあるため金属のむき出しで角は丸く加工してあり、怪我をする心配がありません。
従って新しい手枷はパッキンの緩衝材はなく、肌にダイレクトに装着するものになります。

その枷の重量は片側だけで軽く500gを超えていて結構な重量感を感じます。
常に重量を感じることができるこの枷は装着感を実感することができてとてもいい感じです。

最初のうちは慣れないせいもあり、外すこともありましたが、体調が悪い時と外さないといけない状況(これは後日に)以外は基本装着しています。
今や身体の一部になるほど馴染んできています。
それまでには紆余曲折がありましたが、その過程はまた後日にでも書いていきたいと思います。

またもや続かず

管理者様とのやり取りの中で「ブログ広告出てるね」とチクっとしたお言葉が…。

基本的に管理者様からそう言われるということはどういうことか理解せねばなりません。
と、いう訳で再度書き始めたいと思います。
黒星を重ねないように努力したいと思います。
検索フォーム
リンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。